費用相場はいかほど?意外に知らない海外留学!


費用相場はいかほど?意外に知らない海外留学!

海外旅行をさらにエンジョイするために、英語を上達させたいと願っている人は多いかもしれません。旅行のためではなく、仕事のために英語が必須な人も増えていますよね。


そこで検討されるのが海外留学。語学習得のツールとしてはとてもポピュラーなものですが、では、海外留学の費用が幾らくらいかと聞かれて、答えられる人はどれくらいいるでしょうか?


あなたの語学習得のためにも、お子さんなどに海外留学をせがまれたときのためにも、海外留学の費用相場や実情を知っておくことは大切ですね。



海外留学の費用相場は、先進国なら1年間で200万円、発展途上国なら120万円。

一口に海外留学と言っても、渡航先によってその費用相場は異なります。やはり、物価の高い国では高くなり、物価の安い国では低く抑えられる傾向があります。海外留学として一般的な1年間のスパンをもとに、各国の費用相場を見てみましょう。(飲用元:学資保険の教科書)


  • アメリカ:約180万円~300万円

  • カナダ:約170万円~260万円

  • イギリス:約180万円~270万円

  • オーストラリア:約170万円~280万円

  • ニュージーランド:約170万円~260万円

  • アイルランド:約150万円~260万円

  • フィリピン:約100万円~120万円

  • 南アフリカ:130万円~200万円

  • フィジー:約100万円~120万円

  • マルタ:約140万円~260万円


もちろん、一口に留学と言っても、大学で学ぶか語学学校で学ぶかでは学費が異なりますし、都会か地方かで滞在費などに大きな差も出ます。しかし、一概に言えることとして、1年間の海外留学でみっちり英語を学ぼうと思うなら、200万円程度の覚悟は必須ということ!発展途上国なら抑えられますが、それでも100万円は下りません。



渡航先の決め方は人それぞれ。観光を兼ねる?コスパを重視?

海外留学の渡航先をどこにすべきかは、当人の目的意識によってガラっと変わります。たとえば、イギリスの文化や生活習慣に憧れていて、英語習得だけでなく暮らしに溶け込みたいという望みが強いなら、いくら費用が半値以下といっても、イギリスとフィリピンで悩むのはナンセンスです。

逆に、文化や生活、国の持つブランドイメージに興味が無いなら、だんぜん発展途上国のほうがコストパフォーマンスが良いですよ!フィリピンは公用語が英語なので、問題なくネイティブ英語が習得できます。


特定の国にこだわりは無いけれど、先進国やヨーロッパの雰囲気の中で生活・学習をしたいなら、マルタがオススメ!マルタ島は地中海の島で、街並みも人種もヨーロピアンです。その割に費用はイギリスやアメリカより一回り安いですね。日本よりも良好と言われる治安の良さも魅力的。さらにさらに!ヨーロッパの各国まで往復1万円くらいで飛べてしまうので、気軽にヨーロッパ旅行も楽しめてしまいます♪


自然や海が好きなら、フィジーがオススメ。フィジーは、ビーチリゾートとしてはかなり高価な部類にありますが、現地の生活に溶け込むなら、物価はあまり高くありません。そのうえ、フィリピン留学の主要地であるセブシティよりも自然が多く海がキレイで、人混みや排気ガスの喧噪も少ないので、バカンス感はかなり良好♪



日常英語で充分なら、「旅行留学」という裏ワザもオススメ!

海外留学する要点は何でしょうか?ビジネスレベルの語力や人脈を築きたいなら、やはり専門性の高いプランを選んで猛勉強に励んだほうが良いのですが、もし、日常英語レベル・トラベル英語レベルで充分だというのなら、他にも選択肢がありますよ♪


その名も「旅行留学」!

これは、「留学」とは名ばかりで、要は海外旅行です。特定の業者で何かを契約するものではなく、あなたの好きなように個人旅行をするのです。海外旅行を続けることで、実践的に英語力を鍛えていこうというもの。200万円もあれば世界一周できてしまいますし、1年間くらいは海外に滞在し続けることができます♪

英語が上達するだけでなく、たくさんの国が観光できて、たくさんの友人・人脈が作れ、たくさんの思い出を作ることもできます!ひょっとすると、これが最も有意義な留学かも!?


気を付けたいのは、日本人ばかりのホテルや街ばかりを選んでいては英語はまったく上達しませんから、自主性のある人でないと「ただの旅行」で終わってしまいます(笑)とはいえ、普通の留学においても、自主性や努力の乏しい人はほとんど上達できませんから、同じことですね。



ワーキングホリデーなら、稼ぎながら英語習得もできちゃう!

海外留学の意外な裏ワザをもう1つご紹介。それは、ワーキングホリデーです。

ワーキングホリデーとは、特別なビザを発行してもらうことによって、外国で1年間だけ就労することができるもの。もちろん労働だけでなく、語学習得のサポートも得られますし、ホームステイで現地の暮らしを体感したり、レジャーに繰り出すこともできます。生活をし仕事をするので、英語はかなり上達するでしょう。


たとえばオーストラリアの場合、最低時給が1,500円くらいと高額なので、あまり浪費せずに過ごすなら、100万円以上の貯金を作ることも可能!そのお金でさらに、ノンビリ「旅行留学」しながら帰ってくるのも良いですね♪



いかがでしたか?

意外と知らない海外留学。また、留学は大きなお金が動くため、高い費用のかかるものばかりが紹介されがちです。公正な情報は意外と少ないですね。

なお、3週間や3か月と、短いスパンで行える海外留学もあります。が、数週間程度ではあまり語学力が身に付くことはなく、ホンキで英語や外国語を習得したいなら1年などの長期のほうが良いです。「習う」というよりも「暮らす」という感覚で英語漬けになったほうが、覚えられますよ。

最新記事

すべて表示