親御さんへ。Youtuberのすべてを卑下しないで!


親御さんんへ。Youtuberのすべてを卑下しないで!

子供が「僕は将来Youtuberになりたい!」と言い出したら、多くの親御さんは青ざめることでしょう。「それだけはカンベンして!」と。

たしかに、日本のYoutuberにはアンモラルな人や快楽的すぎる人が多いように見受けられます・・・。

でも、Youtuberのすべてを卑下するのは横暴なのではないでしょうか?



Youtuberにも色んな人がいる!楽しくても真面目な人もいる!

実際に視聴者レベルでYoutubeを眺めていると、Youtuberにも色んな人がいることがわかります。バラエティ番組を一人でドンチャンしてるような人ばかりではないんです。ゲーム実況ばかりがYoutuberではないんです。

たとえば、彼女を見てどう感じるでしょう?

明るく楽しくトークしていますが、「視聴者のためになることを発信している」と感じませんか?

こんなふうに、Youtuberの中にはエンターテインメントと知育のバランスに優れた人もいるのです。「知的な情報を届けよう」という社会貢献意識を、根底に持った人がいます。陽気に笑ったりジョークを言ったりしますが、「そのほうが視聴者も楽しく学べるだろう」という配慮に基づいていたりします。

学生時代を思い出してみてください。話の面白い先生のほうが、授業に興味を抱けたでしょう?



とってもシリアスなYoutuberも少なくない。

Youtuberの中には、ジョークのジの字のない、とってもシリアスな人もいます。

お料理の仕方やDIYの仕方などを、淡々と真面目に発信します。おちゃらけた様子はまったくありません。

このような人に対して、見下す気持ちにはならないのではないでしょうか?



お子さんがYoutuberをやりたがったとき、まずはビジョンを聞いてみよう。

Youtuberにも色んな人がいること、おわかりいただけたでしょうか?

ですから、お子さんが「Youtuberをやりたい!」と言い出したたとき、反射的に嫌な顔をしたりはせず、「どんな番組をやりたいの?」をビジョンを聞いてあげましょう。

不登校児でも、自分で本や動画などを使って何かをどんどん学ぼうとするタイプの子供は、自分もまたインテリジェンスな情報発信をしたい、と意気込むことが少なくありませんよ。


テレビゲームの実況番組をしたがったり、ただ笑いをとるだけのバラエティー番組をしたがったりするなら、親御さんの意見を伝えましょう。「親としては、何か社会に貢献できることをしてほしい」と。



「副業でやるなら良いわよ」と勧めるのが良いかも。

お子さんがYoutuberになりたがったとき、「副業でやるなら良いわよ」と勧めるのが良いかもしれません。

「普段は普通のお仕事をしなさい。それで休みの日や余暇の時間に動画を作って、発信してみたらいいじゃない」と。

「普通の外部労働もこなせる大人になっておいてもらいたい」と伝えるとよいです。Youtuberという仕事が廃れたとき、ファミレスやスーパーでアルバイトすることすら出来ない大人では、生きていくのが不安ですよね・・・。



Youtuberって儲かるの?ハードルは高い!

Youtuberはアンモラルな人が多いだけでなく、「収入を得るのが難しい」という面からも子供に推奨しにくい仕事です。

Youtubeで広告収入を得られる基準は時おり変更されますが、今はこうです。

過去12か月の間に、

・1,000人以上の番組登録者

・4,000時間以上の番組再生

この2つの基準をクリアした番組にのみ、広告が掲載され、収入が得られるようになります。

つまり、Youtubeを始めても最初の一年間は無収入が決定的ですし、そして「1,000人以上/4,000時間以上」という基準はかなりハードルが高いです!


さらに、まともな収入を得るのはそれ以上に大変です!

広告収入は現在、「1再生につき0.1円」くらいが平均相場になっているようで、月間100万回再生を誇るようになってようやく月収10万円、ということですね。

「大人気!!」と言われるようなYoutuberにならないと、Youtubeだけで生計を立てることは出来ないのが実情です。


ですからやはり、「副業でやってみなさい」と勧めるのが、妥当な考え方だと言えます。



趣味を実益に兼ねさせるのは有意義と言えそう。

お子さんが、芸術の趣味、マニアックな知識などを持っているなら、それをYoutuberとして発信していくことは、有意義な面も多そうです。

自己満足に留まらずに大衆に発信していこうと意識することで、非常に多くの技術や知識が伸びるでしょう。パソコンやITにも強くなるでしょう。

そして、「人の役に立つ」ということの喜びを知るかもしれませんね!

不登校で気分が沈みがちな子においては特に、自己表現をすることで、生活にハリが生じるはずです。それによってイキイキしてくるでしょう!



いかがでしたか?

Youtuberというものそれ自体は良いも悪いもなく、「どのように扱うか」なのです。

非常に有益な情報を発信するYoutuberもいます。大人社会から尊敬され、賞賛されるYoutuberもいます。

エンターテインメントを提供することも決して悪いことではないはずです。

Youtuberそのものを真っ向否定するのではなく、お子さんと一緒に有意義な活動を模索していってはいかがでしょうか♪

最新記事

すべて表示