私は人よりも性欲が強いような。どうしたらいい?


「私はみんなよりもエッチすぎるような気がする・・・」

そんな悩みをひそかに抱いている女性が、平成世代(以降)には多いようです。



平成世代(以降)は体質的に、膣が濡れやすいです。

1990年以降に生まれた女性たちは、生まれつきの体質として、膣(ちつ 女性器)が濡れやすいのです。

スピリチュアルな言葉で言えば、1990年以降の生まれの人たちはほぼクリスタルチルドレン(天使や妖精の魂を持つ人)なのですが、そのため、特殊な体質をしています。



平成世代は、勝手に膣が濡れてしまう。エッチな気持ちになってしまう。

従来の地球人は、エッチなことが大好きになって、自分から求めるようにならないと、膣(ちつ 女性器)は濡れないものでした。しかしクリスタルチルドレンたちは、エッチなことを知る前から、膣液の分泌を体験します。

膣が精液で濡れると、ムラムラします。エッチな気持ちになりますし、そこを触りたい、触られたい、オーガズムをしたい、と感じます。勝手に、エッチがしたくなってしまうのです。

勝手に膣が濡れてしまうので、エッチなことを考える時間が、従来の地球人よりもずっと多くなります。すると、レディコミなどのエッチなコンテンツを求める機会も多くなってしまうというものです。

すると、「私はみんなよりもエッチすぎるような気がする・・・」とあなたは感じてしまうでしょうが、それはみんな同じなのです。大体みんな、あなたと同じくらいエッチです。安心してくださいね。



性欲は、ガマンせずに解消してよいです。

膣が濡れたりエッチな気持ちになったら、「これはダメなことだ!」などと抑圧せずに、解消してしまってよいです。オナニーをしましょう。スッキリすれば、どうでもよくなってくるでしょう。

無理に抑圧してガマンし続けてしまうと、イライラしたり、食べ物やゲームなどの快楽で気を紛らわしたり、ショッピングを求めたてしまったり、しがちですね。それは浪費や不健康、トラブルにつながってしまいがちです!



セックスで解消するのも良いけれど、相手選びは慎重に!

湧き上がる性欲を、オナニーではなくセックスで解消してもよいのです。

しかし、悪い相手を選ぶと、あなたは傷つけられてしまったり、妊娠させられてしまったり、不愉快なセックスになってしまいます!悲惨な目に遭うのです。

出会い系サイトなど興味を持つかもしれませんが、そこで得るセックスは劣悪なものばかりです・・・。やめておきましょう。


素敵なセックスの相手が手に入らないときは、オナニーでガマンしましょう。

性欲を素直に解消することはよいのですが、オナニーでガマンできる自制心は身に付けたほうがよいです。



小学生がオナニーをしてもよいのです。

小学生や幼稚園生がオナニーをしても、別によいのです。罪悪感を抱く必要はありません。

ただし、人に見られないように気を付けてくださいね。色々と言う人は多いでしょうし、男の人に変なことに誘われる危険も高まります!

シャワーを当てたり、一輪車に乗ったりすることで、性器が快感を感じてしまうものなので、小学生でオナニーに目覚めてしまう女の子はかなり多いです。



オナニーは毎日してもよいのです。

オナニーはいけないことのように感じてしまう女性も多いでしょうか?

しかし、別にいけないことではありません。それに、毎日オナニーをしてもよいのです。悪いことでないですし、健康に害もないです。

毎日オナニーしている女性は、意外と多いです。


レディコミが欲しい、バイブレーターが欲しいと感じるのも自然なことです。

レディコミやアダルトグッズを活用してもよいのです。

でも家族に見られないように、慎重に扱いましょうね。



TPOは大切です。自制心は大切です。

オナニーは毎日してもよいのですが、しかし、いつでもしていいとは言えません。

今は学校に行く時間ですか?それならオナニーはガマンして、学校に行くべきです!

今日はアルバイトがありますか?仕事をさぼってオナニーにふけるのは問題です!

一日中オナニーしてみたいと感じるなら、それはお休みの日にやりましょう。



あまり人には言わないほうがよいです。

「毎日オナニーをしても問題はないのだ」と聞いて、安心したでしょうか?

積極的にオナニーをするようになったかもしれませんが、そのことは、あまり人には言わないほうがよいです。クラスの男の子に言うべきでないですし、女の子の友達にも言わないほうが良さそうです。変な噂が広まると、大変なことになってしまいます!

あなたがオナニーが大好きだと男の子たちが知ると、あなたをナンパしてくる人が急増するでしょう。そればかりか、強引に押し倒す人も多くなるでしょう。それは危険で、辛いことです。

エッチでいいのですが、あまりそれを表には出さないほうがよいです。

彼氏にも、あまり言わないほうがよいかもしれません。よほど信頼のできる男性ならよいのですが、そういう男性はとても少ないです。



結婚は慎重に決めるべき!

性欲が強いという自覚がありますか?

それなら、結婚はくれぐれも慎重になってください。

旦那さん以外の男性とエッチがしたいという欲求が、よく芽生えるだろうからです。しかし結婚をしてしまうと、それは不倫になってしまいます。不倫すると大問題に発展しますし、それをガマンし続けるのもあなたの心に悪いです。

結婚をしていなければ、他の男性とセックスをする自由があります。

「もうセックスはどうでもいいや」と思えるようになってから結婚するほうがよいです。



誠実な男性を選ぶ感性を持ちましょう!

エッチな女性は、エッチな男性に口説かれると、喜んでついていってしまいがちです。または喜んでいなくても、「まぁいっか」と思ってしまいがちです。

しかし、そのような軽薄な男性とセックスをしても、良いセックスにはなりませんし、問題ばかり起きやすいです!

セックスがしたいなら、「誠実な男性」を選びましょう。

誠実な男性はエッチに興味がなさそうに見えますが、誠実な男性も皆エッチです。あなたがしたがっているとわかれば、彼もエッチを楽しみます。激しい愛撫もしてくれます。

誠実な男性を選ぶなら、安全にセックスが楽しめます。


「誠実そうな男性はつまらなそう」と感じますか?

それなら男性をよく吟味しましょう。

誠実そうな男性の中から、セクシーな人やおもしろそうな人を選びましょう。誠実そうな男性の中から、エッチの上手そうな人を選べばよいのです。

そういう多面的な男性はとても少ないですが、少しはいます。


誠実な感じの男性は女性をあまり口説かないですし、ワンナイトラブに誘うようなことはしないものです。

あなたのほうから、積極的にアプローチをしましょう。



「エッチだけど清楚(せいそ)」そんな女性を目指しましょう。

「エッチだけど誠実」そんな男性を選びましょう。


繰り返します。

くれぐれも、誠実な男性を選べるようになってくださいね。

そうしてあなたの身をきちんと守ってください。

最新記事

すべて表示