知ってた?最も基本にして効果的なSEO対策は、「文字数」!

SEO対策のノウハウサイトを眺めていて、疑問に思うことはありませんか?


なんでどのサイトもどのページも、こんなに文章が長いんだろう・・・??


実は、これこそがSEO対策において最も重要な秘策だからなんです!



SEO対策サイトの記事がやたらと長いのは、SEO対策のため。

SEO対策のノウハウサイトでは、SEO対策にまつわる様々な専門用語や方法を解説しています。

しかし、どうも、記事タイトルになっているテーマに入る前に、「SEO対策とは?」みたいな初歩的な内容を前置きしてばかりいます。

それも、どのページでもそのページでも同じことをやり、あのサイトもそのサイトも同じことをやっています。

「SEO対策のノウハウサイトの運営者って、親切なんだなぁ!」あなたはそう感心しているかもしれません。でも、それはカンチガイです。


なぜ、どのページでも同じような内容ばかり書き、1記事に5,000字も10,000字も書き連ねるかと言えば、それこそがSEO対策=Googleやヤフーの検索順位アップにおいて、最も重要なキーポイントだからなのです。

ぐだぐだと長いあの文章は、「読者のための親切」ではなく、「SEO対策のため」なのです。


だから、SEO対策のノウハウサイトを閲覧するときは、律儀に上から下まで読む必要はありません。幸い、サイト作りにも長けた彼らは、各記事ごとに目次を用意しています。その目次をざっと眺めて、あなたが知りたがっていた事柄が書いてありそうなところまで、速攻で飛んでしまってOKです。


Googleは、総文字数の多いサイトを、「情報量の多い優秀なサイト」と判断し、検索結果で上位に表示します。これは、仕様変更が何度繰り返されても変わらない基本概念です。

実際のところ、どの記事も同じようなことばかり書いてありますし、欲しい情報まで3,000字も5,000字も辿らなければならず、読者思いのサイトとは言えないんですが、Googleのクローラーはそこまでのことは判別できないのです。

そして、SEO対策においてこんな嫌らしいことをするのは日本人くらいなので、海外に対策部署のあるGoogleはこれへの対策を重要視していないのでしょう。



とにかく文字数を増やそう。1記事7,000文字くらいを目安に。

とにかく、検索順位を上げたいなら、1記事あたりの文字数を大幅にアップさせることです。

何文字くらい書いたら良いのでしょうか?

これは、あなたが作成しているサイトのジャンルやライバルサイトの数、手ごわさによるのですが、平均的なジャンルでも7,000字くらいはほしいところです。おそらく他のライバルサイトは1記事あたり5,000字前後書いているので、それを二回りくらい突き放すつもりで7,000字です。

「SEO対策」というジャンルはライバルが多いうえ、ライバルの誰もがSEO対策に長けていますから、10,000字以上は必須となります。これがもう最近では、20,000字くらいにまで膨れ上がっているようです。


「1記事に7,000字も書けないよ!」とあなたは思うでしょう。

でも、大丈夫です。長文記事を書くコツも、SEO対策サイトから学べば良いわけです。

上述しましたが、彼らは毎記事毎記事10,000字も書き連ねているのは、どの記事にも同じようなことを書いているからです。

あなたも、同じことをやればよいのです。


たとえば、スキンケアコスメのサイトを作っているとしましょうか。

ニキビ肌の記事にも、アトピー肌の記事にも、「今さら聞けない!洗顔の基礎」みたいなトピックを書けばよいのです。他にも「美容に効果てきめんの食材&栄養素はコレ!」とか、「肌トラブルを防ぐ健やか生活習慣8選!」「ヒアルロン酸はなぜ美肌に効くの?」なんてトピックは、スキンケア関連ならおよそどの記事にも書いてセーフな話題ですよね。それを全部の記事に詰め込んでしまうのです。

そうすれば、どの記事も7,000字くらいはいきます。

これをやるには、洗顔の方法や美容に良い食材、適した生活習慣など、スキンケアに関する基礎知識を一通り把握している必要があります。これは勉強しましょう。勉強と言っても、ライバルサイトを読めばよいだけです。読みながら自分の記事を書けば、すぐ頭に入ります。

基礎知識が頭に入ってさえしまえば、あとはもう、ほとんどリサーチしなくてもそれらのトピックを書けるようになります。頭の中にある知識を書く分には、調べながら書くよりもずっと早く、1時間2,000文字くらいは難しくないはずです。


新しいことをどんどん書こうとすると、調べながら書く必要があるので、どうしても1時間に1,000文字そこそこになってしまうでしょう。10時間やっても1万字です。しかしこの手法を使うなら、記事の内容のうち2割くらいは調べながら新しいことを書くとしても、10時間で2万字近くの文字数を並べられるでしょう。2倍に増えました!

私は、頭の中にある情報を書くだけなら、1時間で3,000字くらい書けます。慣れてくれば、皆さんもそれくらい書けるはずです。



長文記事の読者リスクをどう軽減してあげるかがカギ!

しかし、長文記事にはリスクもあります!

それは、やはり読者にとって負担になるということです。

多くのネット閲覧者は、長文記事を好みませんから、あまり長いと途中でページを閉じられてしまいます。そもそも、長いことが冒頭の目次で察せられたなら、スクロールすらせずに去っていってしまうかもしれません。

スマートフォンからの閲覧者はなおさら長文を嫌う傾向にあり、そして今どき、ネット閲覧者の8割はスマートフォンです。長文記事はかなりリスキーです。

この対策を配慮する必要があります。


まず第一に、トピック分けをきっちり行うことです。

記事の内容をいくつかの段落に分け、その段落ごとにトピックタイトルを付けます。小見出しともいいますね。

前述のスキンケアの記事で言えば、洗顔方法については「今さら聞けない!洗顔の基礎」のトピックにまとめます。

このトピックも、さらに内容ごとに段落分けをします。

「お湯での下洗い」「洗顔剤での洗い方」「すすぎ方」「洗顔後のケア方法」といった具合ですね。

情報サイトのプロっぽい人の記事は、小見出しに数字が振られているでしょう?しかも細かく振られています。


1.今さら聞けない!洗顔の基礎

1-1.まずはぬるま湯で下洗い!熱すぎるお湯はNGって知ってた?

1-2.洗顔剤は洗顔ネットでよく泡立てて。洗顔は泡を転がすようにふわふわと。

1-3.つっぱりの原因はすすぎ不足にあり!30回はすすごう!

1-4.スキンケアは洗顔後5分以内に!ニキビ肌さんは抗炎症作用のあるアイテムで。


と、こんな感じですよね。

「1-1.」なんていうさらに小さな極小トピックまであります。

5,000字超の長文記事を書くなら、これくらい細かくトピック分けをしたほうが良いです。


そして、このトピックタイトルがまた重要です!

素人が書くと、


1.今さら聞けない!洗顔の基礎

1-1.お湯での下洗い

1-2.洗顔剤での洗い方

1-3.すすぎ方

1-4.洗顔後のケア方法


といった感じになるでしょう。内容を端的に表しただけです。対してSEOライターは、

1-1.まずはぬるま湯で下洗い!熱すぎるお湯はNGって知ってた?

という感じになるのですが、これはなぜかというと、トピックタイトルを読んだだけでその段落の内容をわかってもらうようにするためです。

このようなトピックタイトル付けがなされていると、トピックタイトルを流し読みするだけでも、記事の内容が把握できてしまうんです。5,000字も読まなくても、500文字くらい読むだけで全容が把握できます。

これによって、「長文だけど下まで読んでもらえる記事」になるのです。


トピック分けが難しい、端的なトピックタイトル付けが難しい、という場合には、こんな対策方法もあります。

1,000文字くらい書いたところで、もう商材の広告バナーを貼ってしまうのです。(ページの最後にもまた貼ります。)

これによって、長文が嫌いな閲覧者にもコンバージョン(消費行動)してもらえる可能性が生まれます。

広告バナー以下は、下手な文章をだらだら書いても良いです。あまり良くないですが、1,000文字で終えるのと7,000字書くのとでは検索順位結果に雲泥の差が出るので、とにかく文字を並べましょう。

この場合、もくじをページ冒頭に並べないほうが良いです。もくじだけでも結構な文字量でしょうし、もくじから記事が長文であることがバレてしまって、読まずに退散されやすくなってしまうからです。


もう1つ、奥の手があります。

とりあえず読者に読んでもらいたい内容については、2,000~3,000文字程度の記事を10か20ほど揃えます。

そして、「文字数稼ぎのためだけの記事」を、別途に作成するのです。これはもう、支離滅裂でも何でも良いです。スキンケアコスメと無関係な、最近ハマってるスマホアプリの話題とかでも良いです。

ある程度見栄えの良いサイトにしておきたいなら、やはり1,000文字程度はきちんと書いて、そして、「ニキビ肌の人の洗顔方法についての詳細はこちら!」といった具合に、2,000~3,000字で書いた主要記事のほうに誘導します。

そしてそのあとにまた、ぐだぐだと6,000字書けば、読者にはぐだぐだ文がバレずに済みます(笑)

サイトにブログページを付けて、ブログページでこの「文字数稼ぎ」をやっている人も多いですね。


このように、長文記事を強引に書く方法は色々とあります。



中身の濃い記事が良いとも限らない!

長文記事を作成しようとしているアフィリエイトサイトのディレクターは、ライターに対して、「長文でも密度の濃い記事を書いてください!」と、トピック内容を10個も指定して、中身の濃い記事を書かせようとします。

これは一見すると正しい方法のように思えますが、実はそうでもないのです。


というのも、読者の心理としては、あまりに密度の濃い内容の文章を数千文字も読んでいると、目や脳がくたびれてしまうのです。

読んでいる身からすると、同じ内容がちょいちょい繰り返されていたり、意味の薄いセンテンスがちょいちょいちりばめられていたほうが、ほどよい休息になって読みやすいのです。


これを理解できているディレクターは、ほとんどいませんね。

アフィリエイトサイトに強いディレクターというのは、当人が文章読解に強いので、あまり読解力のない人々の気持ちというのがわからないのです。

仮にわかったとしても、密度のギュウギュウに濃い文章のほうが良いものだとかたくなに思い込んでいます。

だから、ちょっとふざけた感じのサイトのほうが売り上げが良かったりするのです。