いつも本番を想定しながら練習しよう!


いつも本番を想定しながら練習しよう!

歌手やアイドルを目指しているでしょうか?スポーツ選手を目指しているでしょうか?

どんな道でも言えることです。

練習をするとき、本番やステージを想定しながら練習をしましょう♪上達スピードがダンゼン上がります!!



歌の上手さとは何だろう?棒立ちじゃ評価されない!

歌の上手さとは何だろう?棒立ちじゃ評価されない!

たとえば、歌を例にとってみましょうか。

あなたは歌を練習するとき、無表情な顔で、棒立ちや座りながら練習しているのでは?

でも、本番ではそんなふうには歌わないでしょう?

本番では、マイクの前に立って、マイクとの位置を調整しながら、表情豊かに、カッコよく歌わなければなりませんよね。

そう。それって、ライブの日に急に出来るものじゃないんです!

どんなに歌が上手くても、「棒立ち無表情」ではお客さんは沸かないし、オーディションでも評価されません・・・。

普段の練習から、「マイク前でも映えるように」練習するようにしましょう♪



ハイヒールをはいて歌える?踊れる?勝手がゼンゼン違う!

ライブやレコーディングの本番では、家で部屋着で練習するときとは色々様子が違います。服装もその1つですね。

ライブでは、ヒールの高いクツをはいたり、底の厚い革靴をはいたりしますよね。そんないつもと違うクツで歌うと、足がガクガク震えてしまったりして、キレイに立つことすら出来なかったり・・・その戸惑いが歌声のブレにも影響してしまったりします。

ヒールの高いクツに慣れていないと、ものの5分で足がくたびれてしまいますよね!でもライブは30分は続くでしょう。レコーディングだってそうです。


本番で良いパフォーマンスを出すには、服装やクツすらも、本番を想定して練習し、それに慣れておくとよいです。



スタジオで練習しよう。スタンドマイクやスピーカーに慣れておくべし!

そもそも、スタンドマイクの前で歌うということが、なかなか無いですよね。

ですから、時には音楽スタジオを借りて「スタンドマイクの前で歌う」という練習もすべきです。


また、ライブでは足元に置かれたモニター(スピーカー)から出る音を頼りに歌ったりします。これも、慣れないうちはなんだか耳がヘンな感じで、上手く歌えないんですよね・・・。

スタジオに足元に置くようなスピーカーがあることはあまりないのですが、大きなスピーカーはあります。せめて、それで多少は慣れておきましょう。



2時間ぶっとおしで歌う練習も!

プロの世界では、歌手にせよ声優アイドルにせよ、コンサートが2時間以上に及ぶことはざらです!これって、意外と体力が要るんですよね。

オーディションに受かったら、事務所が体力増強のサプリメントをくれたり・・・はしません(笑)

そう。普段から長時間パフォーマンスの練習をしておく必要があります!

ノドの持久力も鍛えておかなければなりませんし、体全体の体力も鍛えなければなりません。踊りながら歌うスタイルを目指しているなら、踊る体力までもが必要です!


私は、「歌って文科系じゃないよ!体育会系だよ!」とよく書くのですが、ホントに体力が要ります!

ダンスをするつもりがなくても、ステージを走り回りながら歌うことにはなったりしますよね。だからやっぱり、ダンスをし続けるくらいの体力が要るんです。


子供の頃からインドアで、長時間歌い踊ることがどうしても無理そうなら、コンサート系の歌手になるのはあきらめたほうがよいです。Youtuberで自分で「歌ってみた」をやるなら、座って歌うスタイルですらいけますね。



色んなことを意識すると、色んな筋力を一気に鍛えられる。だから成長が速い!

歌うことだけを練習するなら、ノドや腹筋しか鍛えられません。

でも、踊りながら歌う練習やハイヒールで歌う練習をするなら、色んな筋力を鍛えられます!こういう人は、当然ながら体全体の筋力の成長が速くなります。色んな技術の成長が速くなります。

同じ年代の、歌しか練習していない子よりもずっと速く、高い総合力に達します♪



一番最初は別々に練習したほうが良い!

まだギターがゼンゼン弾けないなら、ギターの練習だけに専念すべきです。まずは座ってギターを抱え、弦をのぞきこみながらヨチヨチ練習してOKです。そうして基礎を叩きこみましょう。

ダンスがヘタなら、ダンスだけを練習すればよいです。


ある程度出来るようになったらそれから、すべてを組み合わせて練習すればよいですね。



歌ってる姿をビデオに撮ってみよう!

歌ってる姿をビデオに撮ってみよう!

歌う練習をするとき、その姿をスマホのカメラで動画撮影してみましょう。

そして、自分で見返してみます。

「うわ、白目むいて歌っててみっともない!」なんて気づくはずです(笑)


はたから見て「カッコいいな」と思える歌い方・立ち振る舞いが出来るように、動画に撮ったり鏡を見たりしながら、練習しましょう。

自分の顔の表情を、かわいくカッコよく歌えているか意識しながら、練習しましょう。


無意識でもカッコいい姿や表情で歌えてしまう人もいます。

でも、多くの人は「カッコよく歌う練習」を重ねないと、ロック歌手みたいなみたいな歌い方は出来ないです。アイドル声優みたいなかわいい表情で歌えないです。

こうした練習も必要なのですね!



YoutubeやTik Tokに若いうちから挑戦するのは有意義!

だからYoutubeやTik Tokに挑戦するのは有意義なんです♪

自分の「映り」をいつもいつも目の当たりにするから。自然と見栄えの改善を意識するようになりますよね。

また、家族やお友達にアドバイスを求めるのも有意義です。恥ずかしいですが、それはとても成長を速めてくれます!



いかがでしたか?

歌やダンスでプロになりたいなら、「見栄え」と「持久力」がとても重要です!

いつも見栄えを意識しながら練習しましょう。

そして、30分程度の練習じゃ全然ダメ。2時間や3時間は、立ちっぱなしでぶっ通し続けで練習しましょう!ときには4~5時間も練習しましょう!

最初は1時間も持たないかもしれませんが、やっていくうちにだんだん体力がついてきますよ♪