【声優/歌手】YoutuberやTik Tokで自己表現力を磨いておこう!


【声優/歌手】YoutuberやTik Tokで自己表現力を磨いておこう!

歌手やアイドル、声優などを目指してがんばっているでしょうか?

歌はもちろんのことダンスの練習をしたり、関連しそうな技術を高めていくことはとても大切です!

でも、今の時代感を考慮すると、オーディションに受かったり大きな人気を集めたりするためには、もう1つ磨いておくべき能力がありそうです!



歌が上手くても「表現力」がないと食べていけそうにない!

あなたの歌唱力がどれだけ優れているとしても、表現力がないなら、芸能人として食べていくのは難しいかもしれません・・・


「昭和の名曲トップ100!」みたいな番組を見たことがあるでしょう?古い歌謡曲の歌手が、マイクの前に棒立ちで歌っている様子を、見たことがあるのではないでしょうか?「歌は上手いけど・・・見てて面白くないなぁ」そんなふうに感じたのではないでしょうか?


芸能界は「映え」重視がどんどん加速していて、今ではどんなに素晴らしい歌唱力でも「棒立ち」ではテレビに出られそうもありません。それが、「表現力が乏しい」ということなんですね。



「表現力」は、自分で磨かなくてはいけない!

カメラ映えしそうな歌い方は、「プロダクションに所属すれば指導してもらえるのかな」と思っている人がいるのではないでしょうか?

今の時代、養成を兼ねたプロダクションも多いので、「所属後に教えてもらえる」も間違ってはいません。けれども、プロダクションのオーディションの時点でもう、業界人の人たちは「表現力」を見ます。テレビ映えする子を選ぶわけですね。

ですから、「オーディションに受かったら」ではなくて、今のうちからもう表現力の練習をしておきましょう!「専門学校に入ったら」ではなくて、高校生や中学生のうちから練習しておきましょう!



YoutuberやTik Tokで自己表現力を磨いておこう!

表現力を磨くために、ダンススクールなど入るべきなのでしょうか?

いえいえ、その必要はありません!

YoutuberやTik Tokに挑戦してみましょう!

先生は、「他の投稿者」です(笑)

シロウトが大半を占めるYoutuberやTik Tokなのですが、投稿に慣れている人は大抵、豊かな表現力がありますね!それを、見よう見まねすればよいです^^

30代、40代の先生よりもシャレていたりしますし、「今の流行」をよくわかっています。


とても動きがハデな人やとてもセクシーな人などのことは「マネられそうもない!」と感じるでしょうか。それでよいです!もっとマイルドで、あなたに合った感じの人たちを真似ればよいです♪



Tik Tokは「イマドキ」だけど、クドイかも・・・

Tik Tokは「イマドキ」だけど、クドイかも・・・

YoutuberとTik Toker、どちらを真似るのが良いのでしょう?

Tik TokのほうがYutuberよりも「イマドキ」という感じがしますよね。

それはそのとおりなのですが、Tik TokはYoutubeに比べて、「快楽的すぎる」感があります。東京のクラブで踊ってそうな人たちばかり、というかなんというか(笑) 

あれを真似てしまうと、万人ウケはできなくなってしまうかもしれません・・・。あなたがそういう方向性を好んでいるならそれでもよいのですが、「風になる」をさわやかに歌うような感じを目指しているなら、Tik Tok色に染まらないほうがよいかも・・・。

Tik Tokで自己表現をしてもよいのですが、Tik Tokで多くの反響を目指そうとするとどうしてもクドいカラーに染まってしまいがちなので、気を付けましょう。

Youtubeであなたの好きな曲の「歌ってみた」「踊ってみた」を投稿している人のほうが、参考になるのではないでしょうか?



恥ずかしい?でもそれをやっていく仕事ですよ(笑)

「Youtubeでダンスを披露するなんて恥ずかしいよ!」とあなたは言うでしょうか?

私はシャイなのでその気持ちはとってもよくわかるのですが、でもうそうは言っていられませんよ!歌手にせよ声優にせよ、それをやっていく仕事ですから(笑)

芸能プロダクションに所属しての活動を目指しているならなおさら、事務所はライブやテレビへの出演をあなたに課してきます。そうでなくてもインターネットテレビつまりYoutube動画のようなものに出演して、ニコニコ微笑みながら歌ったり踊ったり、またはトークを重ねることになっていきますよ!


「歌いたいけど、でも恥ずかしい」でOKです。

今のあなたが恥ずかしさを感じるのはよいのですが、それを乗り越えるために、自己表現に取り組んで練習していきましょう!やっているうちに、慣れてきます^^

「恥ずかしい」「緊張する」という感情は消えないかもしれませんが、それでも「まぁいいか」というくらいにはなります(笑)「場慣れ」というものですね。


歌や踊りを披露することがあまりにもストレスに感じるなら、将来の進路を考えなおしましょう。

あなたには、「音楽やダンスは趣味で行う」のが合っているのかもしれませんね。



「顔を出さずに活動できる」のもYoutuberだったりする(笑)

「顔を出さずに活動できる」のもYoutuberだったりする(笑)

「顔を出すのはキツイ!でも歌やダンスを披露していきたい!」という思いがあまりにも強いですか?

そんなあなたも、実はあちこちオーディションを受けるよりもYoutuberが向きます^^

独自でのYoutuberなら、やり方を自分でプロデュースできるからです♪

「歌ってみた」を、顔を映さないように撮って投稿しているYoutuberも結構いますよね。そういう選択肢もあるのです!


顔を見せたほうが圧倒的に人気を得やすくはありますが、顔を見せないで大きな人気を得ている人もいます。


  • 顔は見せないけれど、服装やたたずまいに凝って全体でカッコよさを演出する。

  • お部屋をオシャレに飾りつけて、アーティスティックな動画に仕上げる。

  • 写真やイラスト、動画などで見栄えのよい動画を作る。

  • 初音ミクなどに躍らせる。

  • ミュージックビデオ風にして、他のかわいい子に出演してもらう。


などなど、アイデアは色々ありますよ♪


プロダクションやレーベルへの所属を目指すと、「まったく顔を出さずに活動したい」という要望は受け入れてもらうのは難しいです。時々そういうアーティストもいますけどね。よほどの魅力を持っていないと、無名の新人にそういう活動を許してはくれないですね。



いかがでしたか?

とにかく、歌や発声の技術だけでなく「表現力」を磨くことが大切だと心得ましょう。

そしてその練習において、Youtubeなどでの発信はとても役に立ちます^^

ダンスを本格的に身に付けたいならダンススクールに通うべきですが、ちょっとした表現力を身に付けたいだけならスクールは必要ないですね。

動画に撮って、自分を客観視することも大切です。また、動画に撮られ慣れること・その動画を見慣れることも大切ですよ♪